しっかりと眠るために|知らない間に蓄積するストレス|症状が出たら注意

知らない間に蓄積するストレス|症状が出たら注意

病院
このエントリーをはてなブックマークに追加

しっかりと眠るために

医者

近年、不眠症という言葉をよく聞きます。特に社会人となり、忙しく仕事でストレスがたまったり、不規則な生活を送ることで眠り方が浅くなったりすることで不眠症は引き起こされます。不眠症といってもいくつかパターンがあり、睡眠導入困難型・中途覚醒型・早朝覚醒型などがあります。人によって不眠症のパターンは様々ですが、共通事項としては睡眠の障害のために日中も眠かったり、疲れが取れなかったりして十分に身体が休めない事です。また、不眠症からうつ病や統合失調症などの精神疾患に繋がることもあります。最近睡眠がしっかりとれていないと感じる方は一度病院に行ってみることをオススメします。睡眠に入る際はリラックスをし、寝る前に光などの刺激物を見ないようにしましょう。

不眠症と一口に言っても、前述したとおり、3パターンの不眠症があります。まずは眠りに入るのが難しいパターンです。ベッドに入ってから眠りにつくまでに時間がかかることです。入眠前に携帯やテレビなど光を水にリラックスして横になりましょう。薬は睡眠導入剤を使用します。また、夜中に起きてしまう中途覚醒型のパターンもあります。1,2時頃に一度目が覚めてしまうパターンです。中期型の薬を服用してみると良いでしょう。また、朝方3,4時に目が覚めてしまう早朝覚醒パターンがあります。こちらは長期型の長く眠れる薬を服用してみると良いでしょう。おおむねこれらの3パターンに分類できますが、どれもストレスや生活習慣で起きるものです。ストレスの根源を取り除き、リラックスした環境を作りましょう。