知らない間に蓄積するストレス|症状が出たら注意

病棟
このエントリーをはてなブックマークに追加

しっかりと眠るために

医者

不眠症は睡眠導入困難型・中途覚醒型・早朝覚醒型の3パターンに分けられます。どれも睡眠に対し十分な時間が得られず、身体を十分に休められない特徴があります。原因としてはストレスや不規則な生活が挙げられます。リラックスした環境を作り、気になる人は一度病院に行ってみましょう。

読んでみよう

疲れがたまった時の解消法

聴診器

日々の生活の中で、ストレスが過度になると体に様々な影響が出てくるようになります。症状を緩和するためにはストレス解消がベストな方法となり、そのためには医療機関でのカウンセリングが重要となります。

読んでみよう

悩みを話して解決する

看護師

心の悩みを抱えているが具体的な症状がない場合は、心療内科で受けられるカウンセリングが一つの手段になります。横浜には、カウンセリングを通して解決に導いてくれる心療内科の医師が多く存在します。

読んでみよう

知っているようで知らない

男性

こういった定義です

ストレスとは、自分にとって嫌な出来事や、嫌な人との付き合いなど、そういった本来避けたい事態を避けられないことによって生じるものです。また、主に精神的な不調をきたすイメージがあるかもしれませんが、精神的な不調が影響して身体的に不調をきたすというのが、ストレスを原因とした症状です。性格がまじめな人は、常に完璧を求める傾向にあるためにストレスを感じやすいです。また、ストレスの最大の原因は人間関係であり、嫌な人との付き合いだけでなく、家族や恋人、友人とのケンカなど、普段は苦手にしていない人との関係もストレスの原因となります。そのため、ストレスは一定の条件下ではなく、日常のあらゆる場面で襲ってくるものなのです。

早期に受診しましょう

症状の現れ方は人によって様々ですが、ストレスを原因としていると感じる症状がある場合には、なるべく早めに病院を受診しましょう。精神科や心療内科を受診することになりますが、最初からそういった診療科を受診することに抵抗がある場合は、かかりつけの内科を受診しても良いです。内科では、治療が難しいと判断すると、精神科や心療内科への紹介状を書いてもらうことができます。精神科などでは、基本的に医師によるカウンセリングを中心とした治療になります。カウンセリングを通じて症状を把握し、その症状に適した薬を処方してくれるのですが、治療にはこの薬と医師への信頼が大切です。医師を信頼してすべてを伝えることで、より症状に合った薬を処方することが可能となるのです。